一人暮らしを始めてから14年、これまでに2回引越をしました。

引越し荷物の梱包で心がけていること
引越し荷物の梱包で心がけていること

一人暮らしを始めてから14年、これまでに2回引越をしました / 32歳 男性

一人暮らしを始めてから14年、これまでに2回引越をしました。
どちらもほぼ自分1人で梱包しました。

1度目の引越の時には慣れていなかったこともあり、少し失敗したなと思うことがあったので、2回目には少しだけ上手に荷造りをすることができたと思います。コツ、というと大げさですが、私が心掛けたのは「引っ越し屋さんの気持ちになって梱包する」ということです。
当たり前の事かもしれませんが、恥ずかしながら1回目の引越の時には出来ていませんでした。

特に気をつけた点は、「大きな段ボールには重いものを詰め込みすぎない」と、「荷物の量をきちんと把握して前もって伝える」ということです。
特に、荷物の詰め込みすぎは引っ越し屋さんの身体のことだけでなく、トラックに積み込んだ後の荷物の傷み方にも関係するらしいので、よく気をつけた方が良いと思います。
それと、食器などを梱包する際の新聞紙などは、出し惜しみなくたくさん使った方が良いと思います。どれだけ慎重に包んでも、壊れる時には壊れてしまうものですが、ちょっとした包み方の工夫で、壊れる確率を低くすることができるので、なるべく気をつけた方が良いと思います。