引っ越しする時に、荷物を梱包してから業者さんを待ちますが、引っ越し先での荷ほどきや、その後の片づけを考えておかないと、大変なことになってしまいます。

引越し荷物の梱包で心がけていること
引越し荷物の梱包で心がけていること

引っ越しする時に / 50歳 男性

引っ越しする時に、荷物を梱包してから業者さんを待ちますが、引っ越し先での荷ほどきや、その後の片づけを考えておかないと、大変なことになってしまいます。
ガラス製の割れ物はそれと分かるように表示しておくことです。
先日の引っ越しの時、母が梱包を手伝ってくれましたが、目を離している間に、布団の入った布団袋の中に割れ物を押し込んでいるのです。
布団が衝撃の緩衝材になるとでも思ったのでしょうか。
しかし、これは間違いで、布団と思って運ぶのと、中に割れ物が入っていると判って運ぶのでは、全然扱いが違います。
割れ物は割れ物で、別扱いにしてきちんと判るように表示して梱包することが大切です。
また、割れ物に限らず、梱包した物の中に何が入っているのか明示するように、心がけています。引っ越し先に届いたら、すぐに荷ほどきする物、しばらくはそのままにしてしまっておく物を区別するのに、必要だからです。

分類と明示が、梱包には必要だと思っています。