今までに何度か引越しをしており、そのたびに荷造りや梱包をやってきましたが、やる度に新しい発見があり、その経験が次の引越しに活かされることが多いです。

引越し荷物の梱包で心がけていること
引越し荷物の梱包で心がけていること

今までに何度か引越しをしており / 44歳 男性

今までに何度か引越しをしており、そのたびに荷造りや梱包をやってきましたが、やる度に新しい発見があり、その経験が次の引越しに活かされることが多いです。

荷物の梱包をする時に、色々と心掛けることがあります。第一にはお皿などの割れ物は同じ大きさの物同士に分け、ビニールテープなどで縛り動かないようにしてダンボールに入れ、隙間には新聞紙を詰めたりしてぶつかりあって割れないようにしたり、梱包をしたダンボールには誰が見ても分かるように、詰めてある物の名前を書くようにしています。
これを書かないと、引越し先でいざ荷物を開けて整理しようと思っても、数が多いのでこんがらがってなかなかスムーズにセッティングができないからです。
この方法は、何度か引越しをしているうちに、自然に身につきました。

あと、梱包で心がけている事は、家電製品などを梱包をする時、1つの箱に後から他の製品の部品などが混ざると分からなくなってしまうので、極力1種類の電化製品だけを入れるようにしています。
今までの引越しの経験から、梱包が一番大事だと、私の心の中に、忘れないように刻み込まれています。