自宅の中の荷物は、一度置くと変更することが少ないです。

引越し荷物の梱包で心がけていること
引越し荷物の梱包で心がけていること

自宅の中の荷物は、一度置くと変更することが少ないです / 44歳 男性

自宅の中の荷物は、一度置くと変更することが少ないです。

でも、引っ越しの時には色々動かすことがあります。せっかくですから、使いやすいように置くようにしたいです。

梱包をする時にも、それを意識することがあります。梱包で気をつけることとしては、まずはいかに傷つけずに梱包するかでしょう。食器などの割れものは勿論、家具など傷つけたくないものもあります。小型のものは自分で行わないといけないので、丁寧に梱包します。
食器の梱包の時に気をつける時としては、重さでしょう。重いものをできるだけ下に置くようにします。そうしないと、重心が上にいってしまうことになり、バランスが取りにくくなります。持つ時にも持ちにくくなるのです。
重いもの、割れやすいものは下にしておきます。下に直接置くことがありますから、一番下にはクッションになるような素材を使います。その上に皿を置き、更にその上に軽くて割れにくいものを入れておきます。そうすると、重ねても割れません。
梱包の時は、後で使う時のことも考えます。引っ越ししてすぐに使いそうなものに関しては、あらかじめまとめておくようにします。そうすると、現地に着いた初日は、それだけ開ければなんとか生活できることになります。洋服ごと、食器ごととしていると、それらを少しずつ開けないと生活できません。夜に現地に着くと、細かく整理をすることができないのです。
その日だけでなく、数日間、それだけ開ければ使えるようにするぐらいがいいかもしれません。