引っ越しは一人暮らしでも大変です。

引越し荷物の梱包で心がけていること
引越し荷物の梱包で心がけていること

引っ越しは一人暮らしでも大変です / 57歳 女性

引っ越しは一人暮らしでも大変です。
限られた時間で梱包しなくてはいけないので、何から手をつければいいかなど、計画的に進めなくては後が大変です。

私の数回の引っ越し経験で学んだことは、梱包の仕方です。
業者がくれる段ボール箱は、大きさや厚みにより幾つか種類があります。本や食器など重いものは、厚みのある小さ目の箱に、かさ高いものは大きい箱に、というのは常識です。
そういう分かり易いジャンルのものは、問題はなさそうです。

問題は、こまごましたもの、どこへ入れようか迷うようなものです。
これが案外、家の中には沢山あるものなのです。
ですから、箱を組んで梱包していくうち、蓋の空いた箱がだんだんと溜まっていきがちです。
何を入れようか決まらないまま、蓋空きの箱に埋もれていくようになります。そうすると、なかなか片付かないので、焦ってきます。そういう中途半端に蓋が閉められない箱には、私はタオルやTシャツ、くちゃくちゃにしても構わないものを隙間に詰め込んでいきます。
とにかくどんどん梱包し終えて、箱を一か所に固めて積み上げていくことにしています。狭い部屋でもスペースができて、次の作業がしやすくなります。箱には、業者の人が分かるように、搬入した時に置く場所を書き、また自分でわかる部分やリストを作って、細かく中身を書いておくことも大事です。
このやり方で、梱包が能率的に早くできるようになりました。